試し履き会レビュー

14030

みなさん、こんにちは!
風も段々と涼しくなりスポーツをするには最適の気候になってきましたね!\(^o^)/ 

 

 

ボルダリングスタジオ頂では今月20日から『試し履き会』というイベントを開催中です。
この期間中は普段当スタジオで貸し出しているシューズ(エボルブ)とは別のシューズをお試しいただけます。

 

 

 

とは言え、当スタジオを利用されるお客様はボルダリング初心者の方がほとんどなので『シューズが違うとどう変わるのか?』というのはあまりピンと来ない方も多い(実は僕もそうです(笑))と思うので僕が試して見た感想をレビューしますね!

 

 

先ず、コレが当スタジオで貸し出しているエボルブという韓国のメーカーのシューズです。

14031
靴の底面が平坦なフラットタイプという種類で初心者は大体このタイプのシューズからスタートします。

今回の試し履き会は浅草クライミングという日本のメーカーのシューズを使わせていただいています。

 

 

初めはこちらKAGAMIというシューズです。
当スタジオで使わせてもらっているものと同じフラットタイプですが、足先の幅がやや広くて履きやすいです。
靴底のラバー部分がやや厚く、履き心地も柔らかい印象。
同じフラットタイプですが、快適で長時間履いていても疲れない感じがしました。

14029
実際に登ってみた感想としては普段履いているシューズよりも疲れ難いので長く登っていられました!
また、グリップ力が強いので滑り難くく安心して登れました!

 

 

 

次はこちらのMAGATAMAというシューズです。
こちらは中級者から上級者向けでダウントゥタイプというつま先が下に曲がっているタイプですね。
また、こちらのシューズはスリップオンタイプというマジックテープや紐で縛らない仕様になっていて足へのフィット感が強い印象です。

ただ、その分きつく感じるので通常のサイズよりも大き目を選んだ方が良いと思います。
14035
登ってみた感想としてはつま先が突き出す様な形なので小さなホールド(突起)にも引っかかり易い印象で足の力を使い易いように感じました。高難易度コースも普段より楽に登れました!
ただ、やはりフラットタイプよりも履いていると違和感があり、慣れないと長時間履くのは辛いかも知れません。

 

 

 

最後にこちらのTURUGIというシューズです。
こちらはMAGATAMAと同じダウントゥタイプなのですが、留め具にマジックテープを採用しているのとラバー部分の素材が違う仕様になっています。
14028
登ってみた感想としてはホールドに引っ掛けるというよりは掴む感じがしてすごく登り易かったです!普段苦戦するコースもスイスイと!!
履いている感じもさほど辛くはなく、ダウントゥタイプ特有の違和感もあまり感じませんでした!

以上が今回の試し履き会で体験いただけるシューズです。
購入するかどうかは別としてシューズによる違いを体験できる良い機会になると思いますので是非、お試しください!

 

 

試し履き会は10月3日まで実施していますのでお気軽にお越し下さいね!

ちなみに僕は今回履いてみた中では一番TURUGIが気に入ったので購入を検討中です(笑)