ボルダリング~初心者のための基本姿勢~

image1

みなさん、こんにちわ(^_-)-☆

最近半袖、半ズボンを着始めた澤江です。

image1

 

もう暑過ぎて・・・。お客さんに言ったらまだ寒いですよと言われました。

代謝がいいのも考え物ですね。

夏自体は好きなんですけど、汗かくのが・・・。Tシャツを何枚か常備しとかないとだめですね・・・。

 

それはそうと

 

このブログでは

ボルダリングを始めたばかりの方が疲れにくくなるような姿勢をお伝えしていきます。

 

『すぐに疲れてしまう』

『腕があがんないよぉ(+o+)』

という方は多いんじゃないでしょうか?

 

理由の一つとしては『基本姿勢』がとれてないことがあります!(>_<)

 

では最初になぜ疲れるのか考えてみましょう!

 

勘違いされている方が多いのですが、ボルダリングは腕力で登る訳ではありません

腕力で登ろうとすると主に上腕二頭筋を酷使する為すぐに疲れてしまいます。

実際は、肩や背中の筋肉を使って登っていきます

 

《良くない姿勢》

①腕と膝を曲げて壁に近づいている姿勢

先ほども書いたように腕を曲げてしまうと上腕二頭筋が疲れてしまいます。

この姿勢は初めての方に多い姿勢です。

ブログ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②腕を伸ばすことを意識し過ぎた姿勢

①で腕を伸ばす方がよいと書いたのですが意識しすぎて、膝も伸ばしてしまう方もおられます。

なぜ、だめかというと膝も伸びてしまうと『壁』から身体がはなれてしまいます。

身体の重心が壁から離れてしまい、常に身体を壁から離そうとする力がはたらきます。

そうなってしまうと、片手にかかる重さは体重の約10%~20%(体重が50㎏の人の場合5~10㎏程の負荷)になります。結構な負担ですよね?(>_<)

ブログ2

 

 

 

《正しい姿勢》

上記のことを注意して姿勢を取ると・・・。

腕をしっかりと伸ばし、膝もまがっています。そして腰をしっかりと下げることで足に体重を乗っけています。

コツは腰を壁に引っ付けるようなイメージです
そうすると体重が足にしっかりと乗るので、腕の負担は身体が壁から離れないようにする力だけで済みます。
この姿勢だと②で説明した片手にかかる力は体重の約5%以下(体重が50㎏の人の場合2.5㎏以下の負荷)になります。

半分以下ってすごいですよね!(#^.^#)

膝が曲がっている姿勢なので、足の力を使ってスムーズに上まで登ることができますよ!(^○^)

ブログ3

 

 

僕も最初はすぐ疲れていて、いろいろ調べ改善していきました!

そのおかげでだいぶ疲れにくくなってはいます!

 

この基本姿勢を意識するだけでも随分楽になると思うのでボルダリングにチャレンジされる際は是非、意識してみてくださいね!

 

ボルダリングスタジオ頂
広島市東区若草町11-2 グランアークテラス2F
和美さび処 利休 新幹線口店内
営業時間10:00~22:00 定休日なし
☎082-298-2788